ファンデーションの塗り方・選び方

カバー力の高いファンデーションとは

普段メイクを行っている女性にとって加齢トラブルによる肌のシミやシワなどを綺麗にカバーするためには、メイクが厚塗りになりがちだと悩まれている方は少なくありません。

 

最近ではBBクリームなどファンデーションと化粧下地などが一体化された美容アイテムも増えてきているので、フェイスカラーのコントロールも比較的簡単に行えるようになってきたメリットがありますが、どうしてもカバー力が高いアイテムになると肌がマットな印象に仕上がりやすいので、透明感のある素肌のような肌に仕上げたいとイメージしている方には向きません。

 

そこで肌トラブルをカバーしながら素肌感を出す方法として注目されているのがクッションファンデです。これはリキッドタイプのファンデーションに美容液が含まれており、肌に使用する事でメイクを行いつつスキンケアも同時に行う事が出来るメリットがあり、使用感は潤いを肌に与えて自然と透明感も出す事が出来るメリットがあります。

 

またリキッドファンでとは異なり付属された専用スポンジを利用してポンポンと肌に軽くたたくように使用するので、ファンデーションの塗りすぎを防止することが出来ますし、手を汚さないのでメイク時間を短縮させることが出来る時短アイテムとしても注目されています。

 

特に肌の乾燥しやすい季節や、乾燥肌の方でも使用しやすい密着度の高いファンデーションなので、透明感を出しながら肌トラブルをカバーし若々しい肌を手に入れることが出来ます。


ファンデーションの塗り方で大切なこと

ファンデーションを塗るとき、なんとなく塗っているという人も少なくないかもしれません。

 

しかし、ファンデーションの塗り方で、仕上がりに大きな差がでるので、とても気を付けたいポイントといえます。

 

せっかく高価なファンデーションを使っていたとしても、塗り方で損をしている可能性もあるのです。

 

そうなると、シワが余計に目立ってしまったり、ファンデーションがよれてしまい、光が均一に反射しなくなってしまいます。

 

そのため、せっかくお化粧をしたのにも関わらず、実際よりも老けてみえることにもなりかねないので注意が必要です。

 

ファンデーションの塗り方で大切なのは、肌に密着させるという点です。

 

塗るときに、手のひらにとっている人や、スポンジでつけている人など、人によってさまざまといえますが、スポンジは、肌に塗るというよりも、肌の上に必要以上に付きすぎてしまったファンデーションを取り除くというようなイメージで使ったほうが、肌に密着して、なじむような塗り方ができます。

 

また、塗り終わったら、手のひらでおさえるように顔に密着させることで、化粧崩れを防ぐことにもなります。

 

しっかりと密着させないで、その後のパウダーなどを使ってしまうと、よれたり、シワになる原因となりますから気を付けましょう。

 

また、それ以前の、化粧水、クリームや化粧下地なども、肌になじんでいないうちにどんどん塗っていくと、きれいな仕上がりにならないので、手のひらで肌に馴染ませながら使うことが大切です。


自分の肌に合うファンデーションの選び方について

ファンデーションを選ぶ場合は、自分の悩みをカバーできるかどうか出選ぶ方法があります。

 

肌には様々なトラブルがつきものですが、その悩みを解消する効果が期待出来る物を探す選び方です。

 

例えば、乾燥が気になる場合は余計な刺激を与える事は良くありません。

 

ファンデーションも低刺激物もを選ぶ事が重要で、その成分としてはミネラル成分が豊富に含まれている物等にします。

 

また洗い落としやすいタイプを選び、メイク落としをしっかりと利用しなくても取り除く事が出来るタイプにします。

 

こうする事によって肌を必要以上に洗わずに済む為、肌に余計な負担を掛けずに済み、必要な皮脂も取り除かなくなるため乾燥が徐々に軽減して行く効果が期待出来ます。

 

皮脂の分泌量が場合は、リキッドではなくパウダータイプを選びます。

 

リキッドの方が肌によりしっかりと定着すると思われがちですが、その製品自体に油分が多く含まれている為、皮脂と合わさって油浮きしやすくなるからです。

 

また抑々油が沢山ある状態なので、額や華は勿論の事、ほほ等もテカリやすくなってしまいます。

 

また、混合肌の人の場合は、その肌の部位に合わせた製品を選びます。

 

混合肌の場合はTゾーンは乾燥してしまい、他の部位は脂っこくなっているという事も有るため、同じ製品を利用してしまうと肌の見た目が悪くなる場合があるからです。

 

その為、Tゾーンはパウダータイプを、他の部位はリキッドタイプを選ぶ事が基本です。

 

また同時に自分の肌色に合わせた製品を選ぶと、より自分の肌に合っているファンデーションの選び方になります。


乾燥肌のファンデーションの選び方と塗り方

乾燥肌の人にとって、ファンデーションはどんなものがよく、どういう塗りかたをすればいいのか。

 

ファンデーションにもパウダーやリキッド、クリームやスティックなどさまざまな形状のものがあります。

 

乾燥肌のかたはリキッドタイプを選ぶかたが多いのですが、パウダータイプでも問題はありません。

 

肝心なのはメイク前のベース作りです。まずは顔に付着している余分な酸化した皮脂を洗い流します。

 

そして、化粧水や乳液、美容液やクリームなどを使ってしっかりと保湿をします。それでも乾燥してかゆい場合は、化粧水を着けたらもう一度よく塗ったりパックをしてしっかりと保湿をします。

 

そして、下地クリームをぬれば大丈夫です。一番オススメのファンデーションとしては、エマルジョンタイプのものです。

 

ほどよく保湿をしてくれ、フェイスパウダーも要らないのでおすすめです。

 

また、購入するとき成分にも注目をしてください。コラーゲンやヒアルロン酸、スクワランオイルなどの保湿成分が配合されたものの方がいいです。

 

そして、気を付けなければいけないのが塗りかたです。ごしごし擦るような塗りかたをすると、摩擦で刺激となり肌に負担がかかってしまい、余計に乾燥してしまいます。

 

一番いいのがスタンプをするように優しくポンポンと叩き込むことです。

 

必ず清潔なスポンジで行わないと、古いものや洗っていないものは雑菌が繁殖しており、肌荒れの原因になるので清潔なスポンジで行ってください。


お肌がケアできる崩れないファンデーション

ファンデーションをするにあたってどうしても気になるのが、そのカバー力です。 そしてカバー力がありながらもあからさまにファンデーションを塗っていますという感じではなく、より自然な透明感があればそのほうが良いですよね。 そんなファンデーションが実は存在するのです。 その名は「クリアエステヴェール」です。クリアエステヴェールは豊富な美容液成分をたっぷりと含んでいます。 なんとその種類は58種類にものぼります。気になるその成分は、5種のコラーゲン、3種類のヒアルロン酸、美白有効成分のプラセンタエキスなどです。 これらの美容液成分が配合されたファンデーションになっているので、お肌に塗りながらも角層の奥底へ浸透し、お化粧を落とした後でもしっかりと潤いを実感することが出来ます。 気になるカバー力については、微粒子パウダーと平板パウダーが配合されていることによって毛穴に入ったファンデーションをしっかりと整えます。また、美容液成分が配合されていることによって化粧崩れも気にならない状態になります。 このファンデーションを塗れば、美容液成分でお肌ケアをしながらも化粧崩れを防ぐことが出来、しかもカバー力、透明感も維持できるという女性にとって最強のファンデーションとなっているのです。 この化粧が崩れないクリアエステヴェール特別キャンペーンを開催していて、様々な商品をお得に利用することが出来ます。 これからこの商品を使ってみようと思っている方はキャンペーンを利用してどの色が自分にあっているか、実際の付け心地はどのようなものか確認してみることをおすすめいたします。 >>>クリアエステヴェール口コミ